リフォーム実例

改築中の浴室

都市部ではマンションに住む人が主流を占める一方で、築年数の古い建物では内装や設備などのリフォームも必要である。
また一戸建てと比べると制約が多い一方で、工夫をすることで大規模な改造工事も実現可能であろう。
特に経験豊富な専門業者に工事を依頼することで、間取りの変更も伴うような大規模な改造工事も実現できるであろう。
したがって子供の独立によって家族構成が大きく変化した場合でも、ライフステージに合わせて暮らしやすい住まいを目指せるであろう。
またリフォーム工事を行うことで、暮らしやすさを手に入れる以外にも、流行に合わせたライフスタイルも実現可能である。
特にアイランドキッチンのように、スタイリッシュな設備も導入できるのが最大の魅力である。

1980年代にはマンションブームがあったので、今後は築30年から40年の物件のリフォームへの需要が高まるであろう。
そのために改造工事を行うときには、単に暮らしやすさを目指すだけではなくて、建物や設備の寿命を延ばすことも重視されるであろう。
特に老朽化が著しい水回り部分であれば、キッチンや浴室の交換と同時に配管部分の交換へのニーズも増えるであろう。
またマンションに居住する人の中には70歳以上の人も多いので、バリアフリーを考えた工事プランも大ヒットするであろう。
そしてシンプルでわかりやすい料金プランを求める消費者も増えているので、面積によって標準工事費用が決まるシステムを導入する業者の増加も予測可能である。